フィプロフォートプラス通販最安値を調べました

フロントラインプラスのジェネリック品「フィプロフォートプラス」の価格や評判を調べました。

フィプロフォートプラス小型犬用6本
ペットのノミ・ダニ予防薬としては最も人気とも言える「フロントラインプラス」ですが、病院で処方してもらうと1本あたり2,000円程度かかります。
効果は認めるものの、値段が高い、と感じる飼い主さんは少なくありません。

そんな飼い主さんにおすすめなのが、フロントラインプラスのジェネリック品である「フィプロフォートプラス」です。

フロントラインプラスと同成分ですが、価格は半分以下、診察に行く必要もないので手間もかかりません。

フィプロフォートプラスを販売しているネットショップはいくつかあるので、その価格を比較してみました(通年使用する前提で12ヶ月分(12錠)の価格を調べました)。
※アマゾン・楽天では販売がありません。

フィプロフォートプラス小型犬用(6本)の価格(送料込)

A社:8,200円
B社:6,120円
C社:5,200円
D社:5,200円
ペットくすり:4,703円
※価格は日々変動するので公式サイトで最新の価格をお確かめ下さい。

調査の結果、ペットくすりが最安値でした。
ペットくすりの公式サイトではフィプロフォートプラスを実際に購入して使用した飼い主さんの口コミが多数掲載されており参考になると思います。

フィプロフォートプラス小型犬用6本
→フィプロフォートプラス小型犬用の詳細・口コミはこちら
※猫用、中型犬用、大型犬用、超大型犬用もあります

フィプロフォートプラスの評判


フィプロフォートプラスのネット上の口コミを集めました。
※表現は一部変更しています

●これまでは病院でフロントラインプラスを購入していましたが節約のため、フィプロフォートプラスに替えました。効果は全く変わらずとてもお安く購入でき助かっています。

●効き目も一緒だし、わざわざ高い値段を出してフロントラインプラスにする必要がありません。

●何年もこの商品を使い続けています。ノミやマダニが付いたことはありません

●病院で処方されるものより安くて使い勝手も変わりませんでした。

●フロントラインプラスを愛用していましたが、こちらは効果が同じで価格が安いので助かります。

●全く効かないです。

<まとめ>
フィプロフォートプラスの評判としてはフロントラインプラスより安く、効果も変わらないとする口コミが多いです。
効果に関しては実感している飼い主さんが大半ですが、効果がなかった、という口コミも少数ながらありました。
フロントラインプラスにも稀に効かない、という子もいるので、そういう場合にはレボリューションやネクスガードなどの別成分のノミ・ダニ駆除薬を使用したほうがよいかもしれません。

なお、フィプロフォートプラスの口コミは動画でもまとめられています。

なぜフィプロフォートプラスはフロントラインプラスに比べてこんなにも安いのか?


フィプロフォートプラスが安い理由ですが、偽造品でも粗悪品だからでもなく、単にジェネリック品だからです。

フィプロフォートプラスに限りませんが、ジェネリック品が安いのは、研究開発費が先発医薬品ほどかからないためです。
言い換えればフロントラインプラスが高いのは研究開発費が膨大だからです。

フィプロフォートプラスはフロントラインプラスの研究成果を元にして開発・製造されているため安価になります。

なお、フロントラインプラスのジェネリック品はフィプロフォートプラスだけでなく、「フィプリストコンボ」「メロニルプラス」「マイフリーガードα」「ドッグプロテクトプラス」などが存在しており、すべてフロントラインプラスより安価です。

キウォフハート通販最安値を調べました

フィラリア予防薬であるカルドメックチュアブルの安価なジェネリック品「キウォフハート」について価格や評判をまとめました。

キウォフハート小型犬用
ワンコのフィラリア予防薬であるカルドメックチュアブルですが、最近では通年使用する飼い主さんも多くなり、費用負担が大変、という声も聞かれます。

しかし、カルドメックチュアブルのジェネリック品である「キウォフハート」が通販で格安で購入できることをご存知でしょうか?

キウォフハートを販売しているネットショップはいくつかあるので、その価格を比較してみました(通年使用する前提で12ヶ月分(12錠)の価格を調べました)。
※アマゾン・楽天では販売がありません。

キウォフハート小型犬用1年分(12錠)の価格(送料込)

A社:5,892円
B社:5,800円
C社:5,600円
D社:5,600円
ペットくすり:5,372円
※価格は日々変動するので公式サイトで最新の価格をお確かめ下さい。

調査の結果、ペットくすりが最安値でした。
ペットくすりの公式サイトではキウォフハートを実際に購入して使用した飼い主さんの口コミが多数掲載されており参考になると思います。

キウォフハート小型犬用
→キウォフハート小型犬用の詳細・口コミはこちら

キウォフハートとストロングハートプラスの違い


カルドメックチュアブルのジェネリック品にはキウォフハート以外にストロングハートプラスという商品もあります。
それぞれの違いについてまとめます(価格はペットくすりの小型犬用)。

●キウォフハート
有効成分:イベルメクチン68mcg、ピランテル57mg
製造会社:Sava Vet(インド)
形状:錠剤
価格(12錠):約5,400円

●ストロングハートプラス
有効成分:イベルメクチン68mcg、ピランテル57mg
製造会社:Sava Vet(インド)
形状:チュアブル(おやつタイプ)
価格(12錠):約5,300円

キウォフハートとストロングハートプラスは有効成分だけでなく、製造会社も同じです。異なるのは形状と価格です。
キウォフハートは錠剤なのに対し、ストロングハートプラスはカルドメックチュアブルと同じくチュアブルタイプです。
価格は若干ストロングハートプラスの方が安いです。
なので、人気もストロングハートプラスの方が上です。

ただ、ストロングハートプラスの味が好きではなく、なかなか食べてくれないワンコだと、錠剤の方が向いている可能性はあります。

なお、ストロングハートプラスは以下の記事にまとめています。
wannyanraifu.hateblo.jp

キウォフハートの評判


ネット上のキウォフハートの評判を調べました。
※表現は一部変更しています

●今まで高いお金を払って病院で処方してもらっていたのが勿体ないくらいに安くて助かります。

●動物病院に行って診察してもらう費用も時間も節約出来ます!

●下痢や嘔吐も無く、特に具合が悪くなる事もありません。

●10年投薬していますが、問題ありません。

●錠剤なのでどうやって食べさせようかと思ってましたが、嫌がらずに食べてくれました。

●この薬には少しお肉の様なニオイがあるので混ぜてしまえば普通に食べてくれます。

●うちの子はチュアブルを嫌うので、錠剤のキウォフハートが都合が良いです。

●チュアブルは香料が嫌なのか食べるのをものすごく嫌がるので、シンプルなこちらのお薬を愛用しております。

●カルドメック等は全て吐き出されていたので良かったです。

●フードに混ぜても避けてしまって、食べさせるのに苦労しました。

●うちの子たちにたべさせるのは一苦労です。

<まとめ>
キウォフハートの口コミで最も多いのが価格についてです。病院処方より格段に安くて助かっているという声が多いです。
効果に関しても、評価は高く、副作用や健康被害に関する口コミは見当たりませんでした。

問題はワンコが食べるかどうか、ですが、評価が分かれます。
カルドメックなどのチュアブルが苦手で、シンプルなキウォフハートを選ぶ飼い主さんもいれば、逆に錠剤を食べてくれず苦労している飼い主さんもいます。
これに関してはワンコの好みなのでカルドメック等とキウォフハート、どちらがおすすめだと決められません。

ただ、全体的には肯定的な口コミが多く、キウォフハートは高評価の商品であると言えるでしょう。

チバセン(フォルテコール)ジェネリック通販最安値は?

チバセン/フォルテコールのジェネリック品であるベナゼプリルの価格や評判についてまとめてます。


高齢のイヌやネコのための心不全・腎不全の治療薬「チバセン」と「フォルテコール」(製造会社は違いますが、成分は同じ商品です)ですが、長期間使い続ける必要があるため、費用負担が重くのしかかります。

しかし、チバセン/フォルテコールには安価なジェネリック品があることをご存知でしょうか?

ベナゼプリル」という商品名(成分名でもあります)なのですが、通販で購入できます。
通販なので病院に行く手間もかかりませんし、病院嫌いの子も助かりますね。

ベナゼプリルですが、ネットショップによって価格は異なります。
その中で大手のお店の価格を調べてみました。

ベナゼプリル(5mg,28錠)の価格(送料込)

A社:3,610円
B社:2,900円
C社:2,480円
うさパラ:2,459円
※価格は日々変動するので公式サイトで最新の価格をお確かめ下さい。

調査の結果、うさパラが最安値でした。
うさパラの公式サイトではベナゼプリルを実際に購入して使用した飼い主さんの口コミが多数掲載されており参考になると思います。

→ベナゼプリル5mgの詳細・口コミはこちら

通販でもチバセンとフォルテコールは購入できます


動物病院で処方されるチバセン/フォルテコールですが、ベナゼプリルと同様通販でも購入できます。

チバセン(10mg28錠):約5,000円
→チバセン10mgの詳細・口コミはこちら

フォルテコール(5mg28錠):約6,000円
→フォルテコール5mgの詳細・口コミはこちら

チバセンは5mgの商品がなく、ベナゼプリル5mgとの単純比較は難しいのですが、ベナゼプリルはフォルテコールと比べると半額以下で購入できます。

ただ、ベナゼプリルには5mgの商品と10mgの商品がありますが、フォルテコールには2.5mg、5mg、20mgの商品があります。
超小型犬だと5mgの錠剤は分割する必要がありますし、超大型犬だと10mgを2錠与えることもあります。
それが面倒ならフォルテコールを購入するのもよいでしょう。

なぜベナゼプリルは安いのか?


ベナゼプリルが安い理由ですが、当然偽物だからではなく、ジェネリック品だからです。

なお、ジェネリック品が安いのは、研究開発費が先発医薬品ほどかからないためです。
先発薬は有効成分の探索や候補となる成分の有効性・安全性などを確認するため、長い歳月と莫大な費用をかけて開発されてます。
ジェネリック医薬品は、先発薬の情報を元にして効率よく開発されるため、低価格で販売することができます。

なお、ベナゼプリルはイタリアを拠点とするサンド S.p.A社の商品です。サンド社はジェネリック品を多く生産しており、ED治療薬のジェネリック品のメーカーとしても知られています。

日本製のジェネリック品は現在のところ存在しないので、海外製品を通販で購入するしかありません。

ベナゼプリルの評判

ネット上のベナゼプリルの評判を集めてみました。
※表現は一部変更しています

●病院での処方と比べると、驚くぐらい安くなります。

●動物病院で購入するよりはるかに安いので助かっています。

●わんこの定期的な通院が困難なため、こちらで購入できてとても助かっています。

●効果はまったくかわらないので助かっています。

●投薬を始めてもう4年以上になりますが、特に不都合はありません。

●ドライフードに入れると味が不味いらしく、残してしまいます。

●この薬は不味いらしく飲ませるのに一苦労です。

●錠剤の形状もフォルテコールより小さく砕けにくいので飲ませやすくなりました。

<まとめ>
やはり、病院処方の薬に比べて安い、助かっているという声が多いです。
効果に関しても、フォルテコールと変わらない、という評価です。
フォルテコールに比べて効果が落ちる、という評価は見受けられませんでした。

ネガティブな評判として、味が不味くて飲ませるのに苦労するという声が散見されました。

しかし、総じて飼い主さんの評価は高く、ベナゼプリルに満足しているようです。

レボリューションジェネリック「セレホールド」の通販最安値を調べました

レボリューションジェネリックであるセレホールドについてまとめています。

犬猫用のオールインワン予防薬「レボリューション」ですが、効果には定評があって、愛用している飼い主さんも多いです。

しかしながら、このレボリューションですが、少々お高いのが飼い主さんの悩みのタネになっています。

動物病院で処方してもらう場合、高めの病院だと1回分(1ヶ月分)で2,500円+診察料がかかります。

しかし、レボリューションのジェネリック品であるセレホールドならその半額程度で購入できます。

かなり安いのでレボリューションから乗換える飼い主さんも増えています。

そのセレボールドですが、取り扱うネットショップがいくつかあるので、価格をリサーチしてみました。

セレホールド(1箱3本)の価格(送料込)

A社:4,500円
B社:4,480円
C社:3,620円
うさパラ:3,268円
※価格は日々変動するので公式サイトで最新の価格をお確かめ下さい。

調査の結果、うさパラが最安値でした。
うさパラの公式サイトではセレホールドを実際に購入して使用した飼い主さんの口コミが多数掲載されており参考になると思います。


→セレホールド45mg(猫用/2.6~7.5kg)の詳細・口コミはこちら
※犬用や他のサイズの商品もそろっています

レボリューション・ストロングホールド・セレホールドの違い


レボリューションとEU版レボリューションであるストロングホールド、そしてレボリューションジェネリックであるセレホールドの違いについて解説します。

まず、3つとも有効成分は「セラメクチン」であり、効果は同じです。

レボリューションとストロングホールドはゾエティス社製です。
ゾエティス社製の商品としては他にシンパリカやアポクエルが有名です。

レボリューションとストロングホールドの違いですが、基本的にパッケージだけです。成分や製造会社は同じなので、ストロングホールドはレボリューションのジェネリック品ではなく、単なる商品名とパッケージが異なる同じ商品です。
レボリューションは主に日本やアメリカで、ストロングホールドはEUで販売されています。

同じ商品ですが、価格はストロングホールドの方が安いです。
うさパラの価格では、レボリューションが6本で7,200円程度なのに対し、ストロングホールドは6,100円程度とストロングホールドの方が3割ほど安くなっています。
(6本での価格比較は、レボリューションとセレホールドは1箱3本なのに対しストロングホールドは1箱6本だからです)

セレホールドはクルカ,D.D.,ノヴォメスト社の商品です。スロベニアを拠点とする製薬会社で、日本ではこれといった有名な商品はないようです。
価格は6本で5,900円程度です。ストロングホールドより少し安いです。

価格では一番メリットのあるセレホールドですが、もう一点レボリューションとストロングホールドに勝っているところがあります。

レボリューションとストロングホールドは人気商品なので品切れになりやすいです。
セレホールドはまだそこまで知名度がないので、品切れになることは少ないです。いつでも安心して購入できるのも十分メリットですね。

セレホールド以外のレボリューションジェネリック品


セレホールド以外にもレボリューションジェネリックは存在します。
うさパラでは取り扱っていません。
※価格は猫用です。犬用もあります。

●レボスポット
価格(1箱3本入、送料込):3,500円程度
インドを拠点とするAsle pharmaceuticals社が製造。
しかし、パッケージは日本語。

●セラフォーテ
価格(1箱6本入、送料込):6,800円程度
Sava Vetというインドのブランド。

どちらもレボリューションよりは安いですが、セレホールドよりは高いです。

アドボケート通販 最安値を調べました!

犬猫のオールインワン予防薬「アドボケート」の価格や効果について情報をまとめています。


犬猫のオールインワン予防薬「アドボケート」ですが、効果には定評があるものの、価格が高いと感じる飼い主さんは少なくありません。
概ね1本あたり2千円+診察代がかかりますが、節約できないでしょうか?

実は、通販ならアドボケートを格安で購入できます。
診察に行く必要もないので費用だけでなく時間も節約できます。

そのアドボケートですが、ネットショップによって価格はずいぶんと異なります。
アドボケートを取り扱う大手のショップの価格を調べました。

アドボケート(1箱3本)の価格(送料込)

A社:7,425円
B社:6,200円
C社:5,500円
うさパラ:5,307円
※価格は日々変動するので公式サイトで最新の価格をお確かめ下さい。

調査の結果、うさパラが最安値でした。
うさパラの公式サイトではアドボケートを実際に購入して使用した飼い主さんの口コミが多数掲載されており参考になると思います。


→アドボケート猫用4-8kgの詳細・口コミはこちら

アドボケートとレボリューションどちらを選ぶか?


アドボケートとよく似た商品に「レボリューション」があります。
どちらを選ぶか、迷っている飼い主さんもいると思われるので違いを解説します。

アドボケート
有効成分:モキシデクチン、イミダクロプリド
効果:フィラリアの予防、ノミ、ミミヒゼンダニ、回虫及び鉤虫の駆除
3本の価格(猫用/4~8kg):約5,300円
種類:
猫用(4kg未満)
猫用(4~8kg)
小型犬用(4kg未満)
中型犬用(4~10kg)
大型犬用(10~25kg)
超大型犬用(25~40kg)

レボリューション
有効成分:セラメクチン
効果:フィラリアの予防、ノミ、ミミヒゼンダニ、回虫の駆除
3本の価格(猫用/2.6~7.5kg):約4,200円
種類:
子猫・子犬用(2.5kg以下)
猫用(2.6~7.5kg)
超小型犬用(2.6~5kg)
小型犬用(5.1~10kg)
中型犬用(10.1~20kg)
大型犬用(20.1~40kg)

効果はよく似ていますが、アドボケートには「鉤虫」の駆除が対象になります。そういう意味ではアドボケートの方が高性能と言えるでしょう。
ただ、鉤虫症は都市部ではほとんど見られないと言われていますし、対策は必須、とは言えないかもしれません。

また、効果が似ていると言っても、有効成分が異なる全く違った商品なので、効果には個体差があります。
レボリューションではミミヒゼンダニが駆除できなかったがアドボケートでは駆除できた、などの事例があります。逆もあり得ることだと思います。

価格はアドボケートの方が高額です。
40kgの犬猫に対応したラインナップは同様ですが、体重区分は異なるので注意です。
(なお、価格に関してですが、レボリューションのEU版である「ストロングホールド」はレボリューションより3割ほど安いのでレボリューションを通販で購入するつもりならストロングホールドをおすすめします。)

価格面からはレボリューション(もしくはストロングホールド)の方がおすすめですが、効果に関しては個体差があって、レボリューションが向いている子もいればアドボケートが向いている子もいます。また、匂いにも違いがあって、好みもあると思います。
結局、両方使ってみないと分かりませんが、両方とも効果に満足ならレボリューション(もしくはストロングホールド)を使うほうがコスパは良いでしょう。

→[レボリューションEU版]ストロングホールド60mg(猫用/7.6~10kg)の詳細はこちら
※犬用もあります。

アドボケートの副作用は?死亡事故は?安心して使用できるのか?


アドボケートの副作用ですが、説明書きにはこうあります。

投与直後に投与部位を舐めた場合、まれに運動失調、全身性の振戦、眼の徴候(散瞳、瞳孔反射の微弱化、眼振)、異常呼吸など一過性の神経徴候が生じることがあります。
本剤の投与により、ときに流涎、落ち着きのなさ、まれに嘔吐が見られることがあります。また、投与部位に一過性の掻痒、まれに脂性被毛、紅斑が現れることがあります。
本剤はまれに局所的な過敏反応を引き起こすことがあります。
本剤はごくまれに投与部位に刺激を引き起こし、その結果、無関心状態、興奮、食欲不振など一過性の行動変化が起きることがあります。

多種多様な副作用の症状がありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

動物用医学薬品等副作用データベースにはアドボケートの情報が掲載されています。
アドボケートには十数件の副作用情報が報告されており、死亡案件もあります。
ただ、その因果関係はすべて不明と結論付けられており直接的な死因と断定されたケースはありません。

ネット上の口コミも調べましたが、効果を感じないなどのネガティブな情報は少数確認できましたが、副作用や健康被害についての情報は確認できませんでした。

よって、アドボケートは副作用が出る可能性が低く、比較的安心して使用できる商品であると思われます。

アドボケートの使い方


アドボケートを実際に使用している動画があったので紹介します。
じっとしてくれない猫だったら、2人がかりでやったほうがいいようです。

犬用ゾニサミド(コンセーブ)通販 最安値は?

ワンコの抗てんかん薬「ゾニサミド(コンセーブ/エクセグラン)」ですが、病院で処方してもらうと1錠100円以上かかります。
月に数千円から数万円費用がかかり、それが長期間続きます。
そのため、重い費用負担に悩む飼い主さんは少なくありません。

しかし、ゾニサミドですが、通販なら病院処方の半額以下で購入できます。
処方箋も必要ないので、病院に行く手間もかかりません。

そのゾニサミドですが、ネットショップによって価格はずいぶんと異なります。
ゾニサミドを取り扱う大手のショップの価格を調べました。

ゾニサミド(25mg,50錠)の価格(送料込)

A社:3,812円
B社:3,250円
C社:3,250円
D社:2,480円
うさパラ:2,400円
※価格は日々変動するので公式サイトで最新の価格をお確かめ下さい。

調査の結果、うさパラが最安値でした。
うさパラの公式サイトではゾニサミドを実際に購入して使用した飼い主さんの口コミが多数掲載されており参考になると思います。


→ゾニサミド25mgの詳細・口コミはこちら

通販のゾニサミドはなぜそんなに安いのか?もしかして偽物?


国産のゾニサミド(コンセーブなど)に比べて通販のゾニサミドが安い理由ですが、それはインド製のジェネリック品だからです。偽物だから、ではありません。

実は、インドは製薬大国であり、さまざまな薬品のジェネリック品の製造が盛んです。ゾニサミドを製造するサンファーマ社もインドの大手製薬メーカーの一つで、日本だとまつ毛育毛剤「ケアプロスト」で有名です。

ただ、国産ゾニサミドとサンファーマ社ゾニサミドは成分は同じでも、形状に違いがあります。
国産のゾニサミドはタブレット錠剤で、サンファーマ社のゾニサミドはカプセルに入っています。
投与量を調整する場合、錠剤だとピルカッターで切ればいいですが、カプセルだとカプセルを開けてから粉末を調整する必要があるので手間がかかります。

ワンコのてんかんの動画

ユーチューブにワンコのてんかんの動画があったので紹介します。
ちょっと見てて辛い気分になりますが、参考になります。

ゾニサミドの副作用は?死亡事故は?安心して使用できるのか?

説明書きにはゾニサミドの副作用には「嘔吐、下痢、食欲不振、活動性低下」が見られることがある、とされています。
実際のところはどうなのでしょうか。
動物用医学薬品等副作用データベースには国産ゾニサミドであるコンセーブの情報が掲載されています。
コンセーブには十数件の副作用情報が報告されており、死亡案件もあります。
ただ、コンセーブが直接的な死因と断定されたケースはありません。

次にネット上の口コミを数百件調べましたが、副作用や健康被害があったとする口コミは皆無でした。

以上のことから、ゾニサミドは副作用が出る可能性の低い、安全性の高い薬と言えるでしょう。

インターセプタースペクトラム通販 最安値は?おすすめのワンコは?

フィラリア予防と多種類の内部寄生虫を駆除できる薬「インターセプタースペクトラム(インターセプターSチュアブル)」ですが、病院で処方されると意外に高いと漏らす飼い主さんは少なくないようです。

しかし、インターセプタースペクトラムは通販なら格安で購入できることをご存知でしょうか?

インターセプタースペクトラムですが、ネットショップによって価格はずいぶんと異なります。
インターセプタースペクトラムを取り扱う大手のショップの価格を調べました。

インターセプタースペクトラム小型犬用(1箱)の価格(送料込)

A社:10,530円
B社:8,610円
C社:8,151円
D社:7,900円
うさパラ:6,767円
※価格は日々変動するので公式サイトで最新の価格をお確かめ下さい。

調査の結果、うさパラが最安値でした。
診察料を考えると、少しだけ病院処方より費用負担が少ないかもしれません。
うさパラの公式サイトではインターセプタースペクトラムを実際に購入して使用した飼い主さんの口コミが多数掲載されており参考になると思います。


→インターセプタースペクトラム(小型犬用)の詳細・口コミはこちら
※小型犬用以外のサイズもそろっています

インターセプタースペクトラムがおすすめなワンコは?


インターセプタースペクトラムの効果はフィラリア予防、犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫、瓜実条虫(サナダムシ)、多包条虫(エキノコックス)の駆除です。

同様の商品で最も有名なのが「カルドメックチュアブル(ハートガードプラス)」ですが、カルドメックには条虫の駆除効果はありません。

値段はカルドメックの方が安いので、インターセプタースペクトラムを選択するなら条虫対策が必要かどうかが重要になります。

一般的に、条虫は野山で感染することが多いので、山地に出かけることの多いワンコにインターセプタースペクトラムはおすすめです。

また、条虫に感染した小動物を食べることによって感染することもあるので、拾い食いするワンコも要注意です。

また、エキノコックスは人間にも感染する恐ろしい寄生虫なので、生息域である北海道などの北日本に住むワンコも検討したほうがいいでしょう。

インターセプタースペクトラムの副作用は?


インターセプタースペクトラムの副作用として説明書きには「非常に稀な頻度で、嗜眠、嘔吐、過流涎、下痢、振戦、不活発及び食欲低下が報告されている。」とあります。
実際のところはどうなのでしょうか?調べてみました。
動物医薬品の副作用情報がまとめられている「動物用医学薬品等データベース」ではインターセプタースペクトラムの副作用は報告されていませんでした。

ネット上の口コミを数百件調べましたが、副作用や健康被害が発生したという情報は皆無でした。

以上のことからインターセプタースペクトラムは使用規定を守れば安全に使用できる薬だと言えます。

ノミ・ダニ対策はどうする?


まったく外に出ないワンコならノミ・ダニ対策は必要ないかもしれませんが、条虫対策が必要なぐらいアクティブなワンコならノミ・ダニ対策は必須だと思われます。
ノミ・ダニ予防薬として最も有名なのがネクスガードです。
ネクスガードの有効成分は「アフォキソラネル」でこれがノミ・ダニを死滅させます。
さらに、最近最も人気なのがネクスガードスペクトラです。「アフォキソラネル」に「ミルベマイシンオキシム」を追加した商品で、ノミ・ダニ予防に加え、フィラリア、条虫以外の内部寄生虫駆除の効果があります。

なお、インターセプタースペクトラムの有効成分は「ミルベマイシンオキシム」と条虫に効果がある「プラジクアンテル」です。

インターセプタースペクトラムとネクスガードスペクトラを併用するとなると「ミルベマイシンオキシム」が被るので無駄になります。

一方で、ネクスガードと併用すると、算数的にネクスガードスペクトラに条虫駆除をプラスした効果になると言えるので、成分のムダもなく効果も心強いと思います。

条虫対策だけならドロンタールもあり

フィラリアはワンコの生死にかかわりますが、条虫は寄生されても無症状のことが多く、健康被害があったとしてもフィラリアよりも脅威度は下がります。
フィラリア対策が必須でも、条虫対策が必須と考える飼い主さんは多くはないと思われます。

実際に条虫に感染してから対処する方針なら、インターセプタースペクトラムではなく「ドロンタール」がおすすめです。

有効成分は「プラジクアンテル」と「パモ酸ピランテル」です。フィラリア予防効果はありませんが、条虫を含む内部寄生虫を駆除する効果があります。

インターセプタースペクトラムにも「プラジクアンテル」は含まれており、これが条虫駆除効果があります。

なので、普段は価格の安いフィラリア予防薬「カルドメックチュアブル(ハートガードプラス)」を使用して、条虫に感染したらドロンタールで駆除する、という方法の方が常時インターセプタースペクトラムを使用するより安くなる可能性があります。

なお、ドロンタールの犬用はうさパラに取り扱いがなく、代わりにドロンタールの強化版であるドロンタールプラスが販売されています。


→ドロンタールプラスの詳細・口コミはこちら